羅針盤のない船

アクセスカウンタ

zoom RSS 『KING&QUEEN』@赤坂ACTシアター

<<   作成日時 : 2014/09/01 23:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

『KING&QUEEN』
鹿賀丈史×濱田めぐみ ミュージカルコンサート @赤坂ACTシアター
加賀さんと濱田さんの二人だけなら行くことはなかったかもしれない。

2014年9月1日 ソワレ

ゲスト出演に沼尾さん。。。だと知って
あの蘇るウィキッドの世界が再現されるのかと期待でいっぱい。

ということですぐにチケットを取って行くことになった。
Defying Gravityを唄う回にも行きたかったのだけどその時間は無理なのでこの日のソワレだけ。

もう二度と見られないと思っていた濱田エルファバと沼尾グリンダの二人を。。。再び観ることができてちょっとウルウルした。
画像


オープニングはふたりのダンサーのダンスで始まる。
ほうほう、なかなかキレのあるダンスで表現力が豊か。止まる所はピタリと止まり動くところは風のように動く。
静と動の動きがあるなかなかに素敵なダンサーたちでした(名前覚えておこう)。

1幕は濱田さん白いドレスで登場。
ジキル&ハイド 濱田ルーシーの心に染み渡るような唄で始まり。
ボニー&クライド「死ぬのもそれほど悪くない」 濱田ボニーが 薄笑いを浮かべながら二人なら死ぬのも怖くないという
マンマ・ミーア「マンマ・ミーア」 では濱田ドナは力強く(このドナなら観たかったかも)
カルメン「もしも叶うなら」で濱田カルメンは妖艶にまとわりつくように唄う。
ラブ・ネバー・ダイ「愛は死なず」 LNDの中でクライマックス曲。クリスチーヌはラブネバーで演じたクリスそのまんま(でもオペラ座の怪人のクリスとは違うんですよねぇ)



2幕は会場の観客も沼尾さんの登場を待ちわびてわくわく
濱田さん裾がストンと落ちたピンクのドレスで登場。
黒縁のメガネをかけて(形も丸くはないけれど)オズ陛下からの手紙を受け取りエメラルドシティーへ向かう時のエルファバ
後で登場する沼尾さんは裾がふわっとふくらんだベージュのグリンダっぽいドレス
ライティングがまたファンのツボを熟知しているというかエルファバには緑のライトが当たって遠目にはグリーン!
ウィキッドに合わせた演出が憎い。

2幕のナンバーは
ジーザス・クライスト・スーパースター「今宵安らかに」「私はジーザスがわからない」と続く。
なぐさめるよう諭すように歌う他のマリアと違ってぐいぐいと背中を押す濱田節が入ったパワーみなぎるマリアでした。

アナと雪の女王「Let it go」 エルサは濱田さん独自のエルサでありながら所々にイディーナの香がするエルサでした。

さてさていよいよ
オペラ座の怪人「スイング・オブ・ミー」沼尾クリスチーヌ 中低音はちょっと甘えん坊のクリスだけど高音の声が伸びて伸びて。。。グワングワンと頭に響いて圧倒される

さてさてさらに次は
ウィキッド「魔法使いと私」濱田エルファバ 黒縁のメガネだったけれど当時と同じ仕草で、あの頃のままの、いやそれ以上の衰えることのない唄に大喝采。

そしてさらにさらに次は、小道具のメガネを置いて。。。
待ちに待ったエルファバとグリンダの「あなたを忘れない」。
あぁこれだ。。。これあの頃何度も泣かされたこの2人のウィキッド。
これが聴けたらもう満足。。。でしたぁ。

終盤は『レ・ミゼラブル』より
「彼を帰して」鹿賀バルジャン。あの頃の出来事を思い出してしまう。。
「オン・マイ・オウン」 濱田エポニーヌは自分から身を引くようには見えないエポニーヌ、恐らくこのエポニーヌならばマリウスを射止めていただろう。。に。
「スターズ/星よ」鹿賀ジャベール
そして
アンコール曲は
「シラノ」から「ベルジュラックの夏」(たぶん)

終演後、初めての店を探検にということで俺のイタリアンadachiに行くと決めていたのだけれど、行ってみると店が暗い。。。。
閉店時間早いのかと思ってみたら本日定休日ですと。。。。
ガーン!!!
で俺のフレンチ・イタリアンへ。。。
鬼カサゴのアクアパッツアとメニューに載っていないオマール海老のパスタを頂くことに。。。
鬼カサゴはカラッとから揚げにしたほうがいいかな。。。
オマールエビのパスタは夏には丁度良い味でした。

画像


画像

※鹿賀さんの唄、個人的に好みではないので書いている内容が少なくてすいません。
今日はなんと言っても濱田さんと沼尾さんの日でしたので。。。

※そういえば劇団四季退団後沼尾さんを観るのは初めてだ。

出演 鹿賀丈史・濱田めぐみ
大野幸人・皆川まゆむ
ゲスト 沼尾みゆき

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『KING&QUEEN』@赤坂ACTシアター 羅針盤のない船/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる