ハリー・ポッターと死の秘宝PART2

2011.7.23 シネプレックス 『ハリー・ポッターと死の秘宝Part.2』 Part.1から7ヶ月ぶりのPart2だったのでPart.1の内容をすっかり忘れていた。 ちゃんと思い出しておくんだった。 ドビーそういえば死んだんだっけ。 そうそう、分霊箱探していたんだ。それから杖も。。。 あれでも、ドビーなぜ死んだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再び伊豆高原 台風の影響なのか海は巨大な大波が押し寄せて崖っぷちにぶつかって爆発しているかのようだ

2011年7月18日 伊豆高原再び 芸術鑑賞 いつもならこの時期、朝早くから海水浴客で道路が渋滞しているはずなのに ところどころの信号で多少の流れが止まる程度で苦痛になるような渋滞はなかった。 【旅の駅】 伊豆高原近くの道の駅、ここでのお目当てはあおさのり。チーズかまぼこ。 あおさのりを使ったのり汁は磯の香りがただよって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平塚七夕祭り最終日&アイ・アム・ナンバーフォー

2011年7月10日 平塚七夕祭り 年々竹飾りの華やかさが小さく、期間も短くなってゆく。 去年に比べてさらに数も少なくなった気がする。 お祭りに向かう電車の中も満員だったころと違って行き帰りに座っていけるようになった。 また、いつか華やかさが増して巨大なエネルギーを発するお祭りにもどってほしいものです。 露店の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おそらく約10年ぶりのマンマ・ミーア

2011年7月9日マンマミーア ソワレ ※一部掲載画像を削除しましたm(__)m おそらく約10年ぶりのマンマ・ミーア 当時のキャストはまったく記憶がなく ストーリーさえも覚えていなかった。 ミュージカルというものにまったく興味がなかったころに観たせいだろうか。 その後CATSで舞台の美しさに魅せられて ウィキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コクリコ坂 ~さよならの夏~ 音源を捜していたら

コクリコ坂の封切が近づいてきて曲やポスターに触れる機会が多くなってきた。 なんだか子供の頃の風景が浮かんでくるようで 切なくて懐かしい。。。 音源を捜してネット上を彷徨っていたら 森山良子さんの歌う さよならの夏 を見つけた 今から35年くらい前に流れていたそうな 時を越えて流れる音楽 最近の手嶌葵さんの音源も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2年ぶりに伊豆高原へ

2011年7月2日~3日 伊豆高原 7月2日(土)10:10頃出発して12:30分ころ目的の場所に到着。特に大きな渋滞もなくあっさりと到着した。 これほど道路がすいているのはめずらしい。と思っていたら夜に行った「寿司一」の旦那さんが最近は平日も土曜日もいつもこんなもんだよと言う。 ダイビングのために頻繁に通ってた昔は海に繰…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外交官 黒田耕作シリーズ アンダルシア -女神の報復- こんな人がいたら誇りに思う

2011年6月25日 109シネマズ 「アンダルシア-女神の報復」を観て来た。 外交官 黒田耕作を主人公にした映画「アマルフィ-女神の報酬」に続く第2弾! 特に前作とストーリーのつながりはないので、 前作のアマルフィを先に見なくてもまったく問題はありません。 1作目と繋がりがどうだったか気になるシーンがあるとすると …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユタと不思議な仲間たち 千秋楽前日のMy楽 麦ちゃん桃子で登場 今日、麦ちゃん観れて良かった

2011年6月24日ソワレ 千秋楽本番を前にしてMy楽 今年2回目。通算3回目のユタ。 好きなシーンは ペドロ一家登場シーンと 鐘の音の輪にのって(今日は空気砲の輪が弱かったかな) おもわず吹き出すシーンは くるみ先生の算数の授業と 一郎が大作の耳元で「かっこいいな」とつぶやくシーン ちょっとホロリとする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鎌倉の紫陽花はパステルカラーの彩どりを見せてきました。来週末には見ごろでしょうか。

2011年6月11日 雨足が止まった時間の隙間を縫って鎌倉散策 目覚めた時には滝のような雨に 憂鬱な一日の始まりを感じていた。 昼下がりには予想に反して雨足も弱まってきたので先週満足に撮れなかった写真を撮りに出かけることにした。 自転車はリスクがあるので車で出かけることにした。 鎌倉に到着したころには 雨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鎌倉周辺の紫陽花はうっすらと色づき始めていましたがパステル色のカラフルな景色はまだ先のようです

2011年6月5日 どんよりとした今にも泣き出しそうな空を背中に、ひさしぶりに鎌倉に行ってきました。 愛用のMTBででかけようとしたのだけれども、しばらく乗っていなかったのでタイヤはペタンコで空気を入れようとしたのだけれど、かなり前に空気入れが壊れて捨ててしまったのを忘れていた。 愛用のカメラとレフレックスレンズと28-70mm…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユタと不思議な仲間たち 開幕からしばらく経過した今日観てきました全体的に安定していて感動しました。

2011年6月3日 ユタと不思議な仲間たち 今年初めて、通算して2回目の観劇です。 前回見たのが2009年8月だった。 あれからもう2年近く経っていたのですね。 過ぎ去った時間のわりには舞台の内容をところどころ鮮明に覚えていました。 舞台を画としてみたときに幻想的でインパクトのある風景なので、脳みそが瞬間を切り取って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『ブラック・スワン』はスリラーか。人の内側に潜む黒い心理をこれほどまでにさらけ出すのかと思う映画

2011年5月29日 ふりしきる雨の中を車をとばして109シネマまで出かけた。 予告編の映像が流れ始めていた頃から見たいと思っていた映画。 白鳥の湖のバレエシーンを期待していたのだけど。。。。 この物語はナタリー・ポートマン演じるニナの夢から始まる。 夢の中のできごとに仕込まれている兆候がやがてさらに大きく広がった妄想や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ジーザス・クライスト・スーパースター ジャポネスク』この作品を前にして自分はまだまだひよっこでした

2011年5月24日 ユタと不思議な仲間たちの公開を横目で見ながら自由劇場に行ってきました。 『ジーザス・クライスト・スーパースター ジャポネスクバージョン』この作品を前にして自分はまだまだひよっこでした。 出だしはエルサレムに比べるとすこし迫力に欠けているように感じた。 スンラさんの出だしこんなもんじゃなかった。。。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「パイレーツ・オブ・カリビアン-生命の泉-」を見た。キーラ・ナイトレイが居なくなってすこし寂しい

2011年5月22日 109シネマズ 雨が激しくなるようなので車で行ってきた。 2003年の8月に1作目の『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』が公開されて以来 2作目の『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』 3作目の『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』 と続き今回の映画で4作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夢から醒めた夢 千秋楽

2011年5月15日 夢から醒めた夢 が千秋楽を迎えました。 この作品も考えさせられることが多く色々なメッセージをもらってきた作品でした。 ピコ役の岡村美南さん、よく頑張りました。 東京公演開幕から千秋楽までピコをやり遂げて 多くの人に感動を与えてくれました。 初めて見たときの感想は、長身のピコはちょっと違和感あるかな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CATSソワレ!高倉ボンバの身のこなしは美しい。分かりやすいギルだった。ミストのダンスの切れはよい。

2011年5月14日 CATSソワレ 高倉ボンバの身のこなしは美しい。分かりやすいギルだった。ミストのダンスの切れはよい。岩崎タンブル今日は目立たなかった。 金子みすゞ展の招待券があったので観劇前に寄ってみた。 生い立ちから26歳までの生涯を紹介するコーナーがあり、そのあとに関係する著名人が心を動かした詩と、その時の著…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『岳』を見てきた。真摯さという言葉の意味を思い起こさせ、溢れてくる涙は止まらない映画だった。

2011年5月8日 13:35 109シネマズ  震災後それほど時間は経っていないせいもあって、命の大切さ、守るべきもののために危険をいとわない姿に感動する。  物語の始まりはクレバスに落ちた若者を『三歩』という山の男が、山岳パトロールの要請を受けて救助に向かうところから始まる。  雄大な大自然の中でちっぽけな生き物、自然…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夢から醒めた夢2回目の観劇 厂ちゃん観るの楽しみだった。ロビパフォも楽しかった

『夢から醒めた夢』再び!2011年4月30日(土)GWの2日目。 前から3列目の席だったので舞台全体と顔の表情もよく見ることができた。 それでも、もっと寄ってみたい場面ではOLYMPUSの6倍の双眼鏡にお出まし願った。 厂ちゃんのメソと有賀エンジェル、丹さんの老婦人いいよぉ~という娘の声に期待して楽しみにしていた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジーザス・クライスト・スーパースター オリジナル1976年東京キャスト版CD

そういえば、舞台を観た後でうちにCDがあったのを思い出した。 銀座山野楽器で買った記憶がよみがえった。 引っ張り出してみたら1976年東京キャスト版だった。 知らない人が多いし知っててもも古い人ばっかりだ。 今聞けばすこしはわかるかもしれない。。。。あとでXperiaかiPodに入れよう。 配役: 鹿賀丈史(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジーザス・クライスト=スーパースターエルサレムVer初見!魂の叫びのような舞台だった

2011年4月20日 ジーザス! 初夏の陽気だったのもつかのま、いきなり冬に逆戻り それでも今日はすこし寒さも和らいだ。 今までに敬遠していたジーザス・クライスト=スーパースター初観劇 フォロワーさんの み・て・き・な・さ~い!見たほうがいいよ!ぜひ観てくださいという声に背中を押されてジャポネスクバージョンとセットで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりのキャッツ 斉藤ヴィク 坂田ディミ 金平ジェリロ 五所バブ に会えてよかった

春はまだかと待ち望んでいたのだけれど、春を飛び越していきなり初夏の陽気がやってきた。 高倉タントが居る間に来たかったのだけどすこしだけ間に合わなかった。 ただ、それでも会いたかった猫はいっぱいで久しぶりのキャッツを堪能してきました。 今のキャッツキャストは充実しています。残念なのは一番好きな高倉タントが不在なことです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

塔の上のラプンツェルはミュージカルだった。楽しかった。

2011年4月10日(日)4月桜の開花を横目で見ながらディズニー長編アニメーション第50作記念作品の『塔の上のラプンツェル』を観て来た。 場所はCATSシアターに近い横浜MM109シネマズ。川崎の109が復活していないためやむおえずの選択だった。 この映画の元となったのはグリム童話の『髪長姫』。残念ながら読んだことはない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夢から醒めた夢 苫田マコ&早水マコママはシンクロして感動で涙が溢れてしまいました。。。

2011年4月3日 今日が初見の『夢から醒めた夢』 昨日までの暖かい太陽が雲にさえぎられて暖かい光を届けられなくなっていた。 桜の開花を遅らせるために意図的に神様が仕組んだのだろうか。 楽しみにしていたロビーパフォーマンスは、劇場に到着したときにはもう既に始まっていた。 (1)ロビーパフォーマンス なぜだか魔法使い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遅いけどツーリストみてきました。アンジーはスクリーンの中で妖しく美しい光を放っていました。。。

2011年4月2日 映画ツーリスト 封切からしばらく経っていたので劇場内はかなりの空席。 人口密度が低いので息苦しくもなく、好きな席も空いているのでマイペースで楽しめる。 満員の劇場よりも流行に遅れるけど、すこし遅めでマイペースな観方が好きだな。 どこまで話していいか。。。。ネタばらしになりそうなので簡単に。 スト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2011年3月27日オンディーヌ初見。15歳なんだよね。。。。

3月27日はオンディーヌ初見の日でした。 観劇の日から水が流れるように時が過ぎてしまい、今日(30日)にやっとブログに掲載しました。 野村さんを舞台で見るのも初めてで写真だけでなく本人から放たれる力を感じることができました。 オンディーヌ15歳の設定なんですが無理があるかなと思いつつ 無理やり15歳に見えてきました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHK『赤毛のアン』録画して観ました。やっぱり泣かされてしまいました。

劇団四季『赤毛のアン』が2011年3月25日のNHK教育「劇場への招待」で放送されました。 最終回となる「劇場への招待」で赤毛のアンを取り上げたのは偶然だったのでしょうか。 生の舞台と違ってTV放送だとすこし物足りない気がしました。 やっぱり生の舞台とは全然違います。 今から約100年前にカナダの作家L・M・モンゴメリに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイーダ大阪公演初日でしたね。観劇された皆様は大満足だったようですね。行きたかったなぁ

2011年3月21日  『アイーダ』大阪公演開幕しましたね。 2011年大阪公演の開幕はアイーダオリジナルキャストで実施するだろう。 という情報を確かなる情報筋から聞いていたので見たい衝動に駆られていました。 特に 濱田アイーダ 阿久津ラダメス 佐渡アムネリス 飯野ゾーザー 石倉ネヘブカ (メレブは無理だろう) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2011年3月15日現在の状況

 安否確認のメールや、電話を受けて沈黙していたブログに反省しています。  心配かけてはまずいと思い久しぶりのブログです。 沈黙というメッセージは「受け取り手の想像を膨らませるためのメッセージでしかない」ということを痛感しました。 3月11日(金)に発生した東日本大地震の振動が関東地方も大きく揺らした。 何度となく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2011年3月8日 今日のできごと

近々に始まる某TV局の番組で使用するロゴに、わが家の関係者がデザインしたロゴが使われることに決まった。 候補の6種類は見せてもらっていたけど、その中にはなかったデザイン。 文字はうちの妻がクレヨンで書いた文字を使って新たに作ったロゴ。公にデザインが認められてなんだかうれしい!次は視聴者の反応かな。 外壁塗装のお金振り込まなきゃ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナルニア国物語 第3章-アスラン王と魔法の島- 成長したルーシーがそこに

2011年3月6日 109シネマズのナルニア国を訪れた。 まだまだ客の入りもよくほとんど空席はなかった。3Dなんだけど、3Dの特徴はそれほど生かせていないような気がする。座る位置にもよるのだろうか。 物語の始まりはエドマンドとルーシーが居候するユースチス家。 寝室の壁に掛けられた一枚の絵画がナルニア国に3人を誘っていく。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はだかの王様DVDが届きました。キャストは昨年夏に見た時と同じキャスト。ただERには3名足りませんで

2011年2月25日 23日に発送したと連絡があったのでその日のうちに届くかと思っていたら結局今日になりました。 やっぱり発売日を合わせるために保管していたのでしょうか。 それはそれでやむおえないことだとして キャストは昨年の8月14日に見た時と同じキャストのようです。 ただ、エンドロールに流れるアンサンブルのキャストの名前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンタクトMy楽。この作品からのメッセージはプロジェクト管理や人生を幸せに過ごすために応用できる

2011年2月22日 CONTACTソワレ。自分の観劇はこれが最後。 見るたびに見えていなかったところが見えて新しい感激がある。 『見ようとしなければ見えないこと』、『思っているだけでは伝わらないこと』が 「ドリーミング」、「美女と野獣」、「ウィキッド」、「春のめざめ」、「はだかの王様」、「アンデルセン」、「雪ん子」etc…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンタクト千秋楽に向かってシナリオが進んでいます。もう一回見たくなった。高倉さんの笑顔最高です

ついつい千秋楽2日前の2月22日のソワレのチケットをポチっと取ってしまった。 一度見ればいいかなと思っていたけど、こんなにはまるとは思わなかった。想像力をかきたてる作品でした。 一度見るともう一回見たくなって、二回見ると三回目が見たくなる。。。 もっと高倉イエローを見たかったけど、はなさんのイエローも見てみたい。 日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2回目のCONTACT やっと舞台全体が見渡せて余裕のもった観劇をすることができました。

2011年2月12日 品川で途中の時間を過ごした後、自由劇場へ向かいました。 1回目見たときは双眼鏡で個々の動きを追ってしまい全体がよく見えていませんでしたが、今回は最前列だったこともあり、全体をそのまま見ることができました。 PartⅠ ありあまるお金を使ってやりたい放題を尽くして、手に入れるものがなくなった貴族が召使と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

写真展 「MAGIC HOUR」透明感のある風景に吸い込まれていくようでした

2011年2月12日 四季関係で知り合いになった人から勧められていた 吉村 和敏 写真展:「MAGIC HOUR」へ行ってきました。 透明感のある風景写真は、その場に自分が居るような錯覚を感じました。 また、純粋にその場の風景にまっすぐに向かって切り取った写真には感動を覚えました。 CANONの大判プリンタを使って大判サイズ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンタクト初観劇(PartⅢ) バクステツアー 小物がいっぱいで大事なものはすべて手動

2011年2月4日 本番終了後 コンタクト・バックステージツアーが行われました。 (PartⅡより続いていますが独立した記事です。) ①舞台の説明 舞台監督のあおきさんより進行の説明とこんな機会でもなければ表に出ることがないと思われる舞台裏の話がありました。 どこにも書いていない魅力的な話が聞けます。 ②実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンタクト初観劇(PartⅡ) 本編観劇 現実と夢が入り混じった不思議な作品でした

この作品は現実と夢の出来事が入り混じった不思議な作品でした。 (PartⅠから続いていますがそれぞれが独立した記事です) 前日にすこしだけ予備知識を得ようと思いすこし調べました。ただ、結果よく分かりませんでした(笑 タイトルの意味も「関係」、「以心伝心」、「触れ合い」という色々な言葉で表現されていたせいもあります。 歌唱…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンタクト初観劇(PartⅠ) ウォーミングアップ

2011年2月4日 コンタクト初観劇 観劇前に、少し早く浜松町自由劇場に到着し、ウォーミングアップ風景を見させていただきました。 本番前のキャストのみなさんが真剣に行っている姿を見て自分がこの場に居られる事を幸せに感じました。 かなり緊張している空気を感じましたが、誰かが緊張をほぐすための笑える場面を作ったり、気合を入れる…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

美女と野獣 佐野ビースト初見。製作発表時ふたりが図書館のシーンが一番好きだと言ったのを思い出した

2011年1月29日美女と野獣ソワレ 冷たい空気が体にまとわりついて体の動きが鈍くなる。寒さを突き飛ばそうともがいても冷たい空気は次から次へと体を攻撃してくる。遅く起きた朝なので、一日の楽しむ時間はいつもより少ないが、今日は楽しみにしていた『美女と野獣』の日。3人目のビーストを楽しみに野獣の城へ行ってきました。 今まで見た二…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more