初 『レ・ミゼラブル』(2/2)

2012年12月22日(土) 映画『レ・ミゼラルブ』 @ 109シネマズ川崎 初 『レ・ミゼラブル』(1/2) からの続き。 アン・ハサウェイの演技とヒュー・ジャックマンの迫真の演技。 演技なのか本当のできごとなのか錯覚してしまうほど。 アマンダ・セイフライドは可憐で表情豊かでした。 救いなのはミュージカル映画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初 『レ・ミゼラブル』(1/2)

2012年12月22日(土) 映画『レ・ミゼラルブ』 @ 109シネマズ川崎 この作品も難しそうだというイメージだけで避け続けてきた作品のひとつ。 ミュージカルの舞台も観たことはないし、ましてや小説だって読んだことがない。 まさに正真正銘の初レミゼ。 そもそも意味の分からない言葉のタイトルだし。 調べてみるとフラン…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

俺の。。。。 2012/12/14

2012/12/14 美味しい食べ物と美味しいワイン。 まずはココファームワイナリーの 風のエチュード 風のルージュ 飲み慣れたこの二種類はそれなりに美味しいのですが このあとに飲ませてもらった二種類によって ワインというものの奥深さを改めて教えてもらいました。 こればっかりは自分の五感で体験してみるしかありませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美女と野獣 おそらくMy楽 佐野ビーストと鳥原ベル

2012年12月8日(土)ソワレ。 おそらく東京公演最後の美女と野獣観劇。 この作品は「春のめざめ」に次いで思い入れの強かった作品。 2010年2月16日に行われた四季劇場「夏」こけら落とし公演『美女と野獣』記者会見に参加させて頂き、ベル役の坂本さんとビースト役の佐野さんの二人が語った言葉を思い出しながら舞台を楽しんで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012.11.25 アリス・イン・ワンダーランド @青山劇場

劇団四季時代から感動をもらってきた濱田めぐみさんの出演作品 ルイス・キャロル原作の小説「不思議の国のアリス」のストーリーそのままかと思っていたらやっぱり違っていた(笑) ウサギを追いかけて行くのはクロエという少女、そのあとをアリスが追っかける。 現代の世の中の現実的な家庭を、不思議の国のアリスという物語を通して送ってくるメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミュージカル『シラノ』いい文(ふみ)の日イベント>丸の内ジャック>のぼっこ

2012年11月23日 シラノのイベントに参加 時間: 14:00~15:00(予定)  すこしオーバーで15:15くらいだったかな 場所: フジテレビ1F マルチシアター 司会は松尾アナ(顔ちっちゃくて綺麗ですね) このイベント、結構感動しますね。 一般から募集された9人の手紙と、俳優陣から選ばれた文才?である元…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Special Joint Concert ≪輝~shine~≫

Special Joint Concert ≪輝~shine~≫ 2012年11月9日(金) 18:30 ~ ヤマハエレクトーンシティ渋谷 メインホール お気に入りのナンバーのオンパレード ラダメスやトニーや野獣 シンバ それからシラバブ ハック こういうのもいいとこ取りでいいね。 舞台で聞くのとまた違…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RENT初観劇

2012年11月8日 RENT シアタークリエ RENTを知ったきっかけは 2009年3月10日劇団四季 『春の目覚め』製作発表会。 、 『春の目覚め』の中で使われている楽曲が「RENT」の音楽に影響を受けたという面はあるのか?という記者からの質問。 音楽監督のキンバリーさんの回答はきっぱりと『RENT』の影響は受けていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Bills と石窯ガーデンテラス

2012年11月4日世界で一番おいしい朝食の店「Bills」と石窯で焼いたパンの店「石窯ガーデンテラス」 結婚式も終わり新婚旅行をすませて住まいも落ち着いたようでその後の報告に息子夫婦が二人で帰ってきた。 機会があれば行く予定だったふたつの店にダブルアタック。 どちらもよい店で、何かの時に機会を作って訪れたい店。お…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『アベンジャーズ』を見てきた

2012年9月16日 筋肉痛の体を引きずって、腰痛を労りながらアベンジャーズを見てきた。 「日本よ、これが映画だ」この挑戦的な言葉の意味が映画を見て分かった。 見る前はかつてのヒーローたちが大集合して面白おかしく演じるパロディ映画かと思ってたけど、まったく違ってた(笑)。ストーリーについて知りたい人は公式のページを観てもらう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012年9月9日 CATSマチネ 飯田兄弟(直接からみはないけれど)

S回転席 3列目上手ブロックここは2列目から始まるので実際2列目 ボンバルリーナ握手席(時々通路側にタガー) 握手席に関しては「すあまる」さんのブログ「すあまにっき」キャッツ横浜公演握手席画像(改)参考にしてください。 オープニング前の猫が客席を徘徊する時ランペと睨めっこし、ネーミング オブ キャッツの時、五所バブと睨めっこ席 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012年9月4日 ダディ・ロング・レッグズ(あしながおじさん) in シアタークリエ

初めてのシアタークリエ。初めてのあしながおじさん。初めてのボックス席。初めての芳雄くん。初めての真綾さん。なにかと初めてが多い。 仕事が終わって歩いて10分くらいの距離なので汐留の四季劇場に次いで便利な観劇場所。 きっかけはスパークリングワインを飲みながら、とある人に勧められて頭の片隅に残っていたおかげ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012年9月2日 夢から醒めた夢 ロビーパフォーマンスはやっぱり楽しい

夢から醒めた夢 2012年9月2日 浜松町 四季劇場秋  今日も泣かされてしまった。 時おり局地的な豪雨。浜松町で少し雨に降られた程度。 見る前は子供だましの子供向けミュージカルだと思って避けてきた作品のひとつ。 でも一度見たらけっこうはまるんだよね。 忘れた頃に行きたくなる舞台。夢から醒める前に行きたくなる舞台。3年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国オリジナルミュージカルパルレVol.3 in 三越劇場

2012年8月26日(日)韓国オリジナルミュージカル『パルレ』Vol.3ソワレ 初めての三越劇場は、小さな町劇場のような舞台で、ここから夢が始まるんだという感じでした。  この作品を知ったきっかけは、元劇団四季の木村花代さんがVOL.1でキャスティングされていたから、でモタモタしているうちに観に行くタイミングを失ってしまった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初 ミス・サイゴン観劇 in 厚木

2012年8月18日 ミス・サイゴン ソワレ 見たいと思ったきっかけは元劇団四季 木村花代さんが出演する作品だったため興味が湧いてきたこと。 自由が丘で行われたミニ・ライブで披露されたナンバーを聞いた時、ああ、これは凄い舞台なんだろうなと感じました。 詳しいストーリーは公式サイトを見てもらうとして、 簡単に言うと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダーク・ナイト・ライジング

2012年8月12日 109シネマズ ダーク・ナイト・ライジング タイトルからは分かりにくいバットマンシリーズ どろどろとした悪との重い戦い。 何が目的だかわからない悪との力との戦い。最後には分かるけどやっぱり意味がわからない。もっと違う解決策はないのかと思う。 暗くて重いストーリーだけど 同じ目的に向かって …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイーダ 前楽(My楽)

2012年8月11日東京凱旋公演3回目観劇 千秋楽前日 先週の感動が嘘のように、今日は冷静で、ある意味醒めた目で観ていた。 阿久津ラダメスになったことにより、より完成度は高くなったはずなのに、先週土曜日に味わった感動ほどのものはなく、結構醒めてる自分に気がつく。 唄のうまさや、芝居のうまさよりも、大事な感動を与えるもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012年8月4日 『アイーダ』最後の将軍と新生王女 その後エジプトからイタリアへ

劇団四季劇場『秋』 マチネ 秋の二階から入口を見る 秋から春を臨む 福井ラダメスと朴アイーダ この機会を逃すともう観ることはできなのではないかと思い追加した観劇。 福井ラダメスは先週見たときよりもさらに進化していました。もうこれでほぼ完成形ですね。 初見の朴アイーダもそれほど回数こなしていないはずなのに完成さ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

2012年7月29日 2年と3ヶ月ぶりのアイーダ

前回の東京公演で観ることができなかった福井ラダメス目当ての観劇 より人間らしいラダメス将軍 愛に満ち溢れているようで人を惹きつける魅力があります。ビースト役でもそれを感じることができました。 それから唄がうまいのがいちばんです。 前回の東京公演では、2009年10月2日のゲネプロを始まりに、3人の将軍と2人のアイ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

北京出張 -食事編-

7月12日 ラウンジでの食事 7月12日 機内食 7月12日 ホテル近くの店で夜食 7月13日 ホテルでの朝食 7月13日 打ち合わせ時間に間に合わせるためファーストフード店での食事 7月13日 植物研究所の敷地内にある店で …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北京出張 -観光編ー

2012年7月14日  故宮博物院  北門から入って南の天安門広場に抜けるコースにしようとしたけど 観光客が多いせいか北門からの入場は閉ざされていた。 しかたなくバスに乗って南の天安門側に回りこんでそこから入場。 ここも観光客がうじゃうじゃ。外国人よりも中国の地方から来ている人が多いらしい。 さすが、毛沢東効果。。。。?…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北京出張 -ラウンジ編-

いつもは成田空港第2ターミナルを利用することが多いので利用するラウンジはLandside側にある「IASS EXECTIVE LOUNGE」ばかりだったが今回は空港第1ターミナルだったので初めてのラウンジを利用してみた。 また、北京も2008年の北京オリンピック時に作られた空港施設の中にあるラウンジも利用してみた。 2012…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメイジング スパイダーマン(The Amazing Spider-Man) 先行上映を観てきた

2012年6月24日 アメイジングスパイダーマン先行上映@109シネマズ湘南 エグゼクティブシートが空いてて時間があったので予約.。7日遅れでブログ掲載。 今までのスパイダーマンシリーズと違って愛が溢れていた。 向かう先にある目的が違っているというか、誰かのためにと、幸せに向かうためのストーリーになってる。 子供の頃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CATSマチネ 8200公演 S回転席 1列目 デミータ握手席

2012年6月10日(日) キャッツマチネ。8200公演目。 全体的には満足の舞台でした。 特にタントミールが物語りに誘うオープニングの立ち上がるシーンと ヴィクトリアソロが綺麗だったのであとは少々の失敗や物足りなさは目をつむることができる。 一番最初に見たときはどうなるかと心配だった原田タント、今じゃもうまったく心配も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美女と野獣 ソワレ クライマックスに向かって。。。。

2012年6月2日(土)ソワレ Beuty and Beast クライマックスに向かってゆく『美女と野獣』 最前列 ほぼ中央席。 ここは肉声が聞こえて、スポットライトに照らされていれば顔の表情がよく見える。 初 高木ベル、原田タンス夫人も初だ楽しみと不安でした。。。 あれ、バベットも初めてかな。。。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「宇宙兄弟」を観た

2012年5月12日 『宇宙兄弟』109シネマズ湘南 エグゼクティブシート ※映画の詳細は『映画宇宙兄弟』公式サイトを参照願います。 子供の頃に約束した宇宙への夢、あきらめないで目的に向かって歩み続けた弟が先に宇宙へ到達する。後を追うように再び目的に向かって歩き出した兄、宇宙飛行士の試験を通じて分かり合う経験を供にしたものた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The Musical comedy 『PROMISES・PROMISES in Concert 』

2012年5月9日 プロミセス・プロミセス 新国立劇場 ※ほとんど敬称略となっていることをご容赦願います。 元宝塚の彩乃かなみさん、紫城るいさん、NHK大河ドラマ天地人に徳川秀忠役で出演していた中川晃教さん、各ミュージカルの舞台に登場している戸井勝海さん、ベテラン俳優浜畑賢吉さん。アンサンブルはブロードウェイの舞台で活躍して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーパー・ムーンに導かれCATSシアターへ

2012年5月6日 CATS エコ席(C席8列目) 昨晩のスーパー・ムーンに導かれ当日予約した。 相原ボンバにも興味があったし、 五所バブも戻ってきてたし 真由子タントも高倉タントに次いで好きだし、 馬場ヴィクにも興味あったし 愛沢ランペにも興味あったし 理由を挙げればいっぱい上がるものだ。 エコ席なれど、な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ミス・サイゴン』スペシャル・ライブ in 自由が丘スイーツフェスタ2012

2012年5月3日  『ミス・サイゴン』スペシャル・ライブ in 自由が丘スイーツフェスタ2012 へ行ってきました。 心配していた雨もライブイベントの開始の頃にはほとんど気にならないほどの小雨になりました。 花代さんの「晴れ男、晴れ女集まれ!」の呪文が効いたのでしょうか。 簡単にナンバーを披露して終わるのかと思っていたけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『テルマエ・ロマエ』

2012年4月30日 ヤマザキマリのコミックを映画化した『テルマエ・ロマエ』 場所はテラスモール湘南109シネマズ 古代ローマの大衆浴場(テルマエ)の設計技師ルシウスが 時空を超えて日本の温泉や銭湯、風呂とローマを行き来する。 濃い顔代表の日本人俳優と個性的で味のある老人たちが織り成すコメディ。 行き詰ったとき、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガンバの大冒険 ソワレ

2012年4月14日 散りかけた桜の花に追い討ちをかけるように雨の雫が降りそそぐ。 アイーダ東京公演開幕を横目で見ながら『ガンバの大冒険』 キャストが良いから今のうちに見たほうがいいよと言う娘がオケピでチケットを取ってくれた。 舞台の内容は劇団四季のHPを参考にしてください。 『春のめざめ(Spring Awak…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

COCO FARM&WINERY ココ・ファーム・ワイナリーのワイン

昨年から赤ワインの美味しさがすこしづつ分かり始めてきて、赤ワインを積極的に買うようになった。 あっちこっちのワインに手を出すとなにがなんだか混乱して分からなくなってしまうことを怖れたので、まずはボルドー中心に飲んでゆくことに決めていた。 あわせて、葡萄品種を意識しながら好きな葡萄のワインを決めていった。 結果はピノ・ノワール、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オペラ座の怪人

2012年4月8日 The Phantom of the opera オペラ座の怪人 マチネ 通算劇団四季舞台 5回目 大山ファントム&笠松クリスティーヌ 大山ファントム調子悪かったのでしょうか。。。録音部分はともかく 高音部はよくなかったですね。 初めての河村カルロッタはほっそりとして綺麗なカルロッタでした。 B…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012年3月31日『長ぐつをはいたネコ』109シネマズ

『長ぐつをはいたネコ』 原作のものがtリは読んだことないのだけど色々な物語を組み合わせた印象。 ジャックと豆の木。マザーグースあるいは不思議の国のアリスに出てくるのハンプティダンプティ。 IMAXの3D映像は迫力ある。 が、 物語の内容の根底にあるものは何かに似ているありきたりの物語がベース。 猫好きな人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユタと不思議な仲間たち ソワレ

2012年3月25日(日) ユタと不思議な仲間たち ソワレ 寒さと暖かさを繰り返しながらすこしずつすこしずつ春の足音が近づいてくる。 外に出ると植物の息遣いだろうか、春の香りが漂い始めてきた。 ユタと不思議な仲間たち。 3月11日~3月27日まで延長しても後ろにアイーダが控えているので、数日間の延長でしょうか。 この作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジキルとハイド JEKYLL&HYDE in 日生劇場

2012年3月11日 ジキルとハイド 12:30開演 ジキル役に石丸幹二、ルーシー役に濱田めぐみ、エマ役に笹本玲奈。 このキャストだけでも絶対見逃したくないと思う。 ストーリーは血なまぐさいのに、音楽がピュアで美しいせいかそれほど残虐には感じられない。しかし、それでもやっぱり残酷な物語なのでしょう。 ソロで十分活…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「美女と野獣」ソワレ 4人目のビースト

2012年3月10日 ホワイトデーカーテンコールのためずいぶん前から確保していた2列目のほぼ中央席。 バレンタインカーテンコールのチケット2枚は見たい希望が強かった人に委ねたので、今回ひさしぶりの美女と野獣。 4236回目の日本公演でした。 福井ビースト、飯田ビースト、佐野ビースト、そして今日の中井ビーストで4人目。 昨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012年2月 猫屋敷 CATSソワレ

2012年2月18日 先行予約で取っていた回転席2列目 タガー握手席、8103回目の公演 春めざ以来見ていなかった三雲モリッツがスキンブルで登場する。どんなかなぁ 今日もみんなのダンスは、ナイフで切ってしまえそうなきれがある。 キャッツの感想を書くと毎回同じような感想になってしまう。うっ! タントミールはいうまで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

壁抜け男 マチネ

2012年2月11日 モンマルトル恋愛物語 「壁抜け男」マチネ(劇団四季秋劇場)。 良い作品だ、唄がいい、キャストがいい、暖かいという周りの声にも背中を押されていたこともあったし 「パリで大ヒットしを記録した、誰もが幸福になる物語」というキャッチコピーを見て興味もあった。 また、5年ぶりの公演ということも魅力的だった。今みなき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エビータ初観劇

2012年2月4日 エビータソワレ  自ら足が進まなかった作品のひとつ。おそらく内容が難しいだろうと見もしないで勝手に決め付けていたせいかな。何事も食べず嫌いはいけませんね。 1952年、エビータが33歳の生涯を閉じ国葬のシーンから始まる。 永遠に眠るエビータの棺の前に希望を失い泣き崩れる民衆。 その傍らで冷ややかな…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more