テーマ:春のめざめ

春のめざめ。三雲モリッツ絶好調。千秋楽に向けてエンジン全開!イルゼにも感動(続編)

2010年5月26日(水) 2回目の東京公演で2回目の観劇。千秋楽は完売のため千秋楽の日に近いチケットを予約。 出だしから林ベンドラの美しいソロに魅了。 前回の観劇よりもさらに磨きがかかっていた。 三雲モリッツも絶好調! かつて厂原モリッツのあとに大変身を遂げた時のモリッツ復活。 イルゼとモリッツのやりとりにはやは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再公演『春のめざめ』初回観劇。エンジン全開までにはあとひといきか。それでもイルゼとモリッツには涙があ

4月24日 陽射しの暖かくなった日、冷たさの残る空気の中を浜松町まででかけてきました。 再演が決まって約4ヶ月弱の月日が流れた。 再演決定時のブログ エンジン全開までにはまだまだでしょうか。。。。 ベンドラの出だしは綺麗な声で始まりいい調子。 モリッツの前回公演後半の切れ味はなくなっていたがすぐに感を取り戻してくれるこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミュージカル 春のめざめ 再演 決定

春のめざめの再演が決定したようです 2010年 4月22日 自由劇場で開幕。 この作品は自分の中で一番思い入れの強い作品です。 時は遡って2009年3月10日の製作発表会、5月1日の公開舞台稽古へ出席させていただき スタッフの作品に対する思い入れや若手のキャストの作品に向かっていく姿勢を目の当たりに感じてきました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2009年8月29日 春のめざめ ソワレ 最後の観劇

今日を最後にしばらく観られなくなる。 次に東京で公演があるのはいつだろう。製作発表会から公開稽古それから本番に入って3回の観劇。 最後までステージシートで見ることはなかった。 今まで観たなかで一番のよかった。 キャストの成長を見届けながら舞台を楽しむことができてうれしいものだ。 柿沢メルヒーが主役だと思うけど、三雲モリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2009年8月16日 春のめざめ マチネ

夏の日差しの強い日曜日、自由劇場へと向かった。 自由劇場 2回目の観劇( ゲネプロ入れると3回目の観劇)。 席は2階席二列目。 全体を見渡すにはいい席だと思う。 自由劇場はそれほど広くないので2階の席でも良く見える。 顔の表情や、小さなしぐさ、汗、涙をみたければ、8-10倍の双眼鏡持参…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7月12日 春のめざめ マチネ

公開稽古では観たけれど、公開されて以来初めての観劇 7月7日に行く予定だったけど、行くべき人が居なくなったので価値観や感動を共有できる人に2枚のチケットをゆだねた。 翌日にはお礼と、すばらしい感想がもらえてうれしかった。 この作品を自分の価値観や偏見だけで敬遠する人にはそもそも遠慮してもらって正解でした。 今日は楽し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『春のめざめ』公開稽古を観て

とにかくよかった!!悲しく切ない気持ちで涙が溢れてくるけど良い作品だった。 失いたくない大切な人といっしょに観て欲しい。 公演開始時間の知らせが来たのが前日だった。 12:30開始予定が30分繰り下がって13:00からとなった。 12:10に自由劇場に到着。 既に報道陣と同様に招待された人たちが数名。リクルート…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

『春のめさめ』公開稽古への招待

劇団四季の担当者からメールが届いたのが4月29日だった。 製作発表会出席者を対象に『春のめざめ』公開稽古に招待します。 という内容だった。 「やったー!」「ゲネプロだ!」と心の中で叫んでしまった。 ただ、締め切りが4月30日午前中まで。「うーん」 当日の仕事の調整や周りの人への影響度を考えて色々悩んだが まずは出席の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2009年3月10日 春のめざめ 製作発表会 キャスト

製作発表会から約1週間経過しました。 発表翌日に掲載した記事の中に追加で写真を追加したりしましたが知っている限りでキャストについて記載しておきます。(敬称略ですみません) 若手のキャストですが、なかなか侮れません。劇団四季の将来の顔となるべきキャストが揃っていて期待大です。 谷口あかり 初めて見たのはCATSでシラバブ役…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2009年3月10日 春のめざめ 製作発表会 本編

作品を見たわけではないので受け売りの言葉でしか表現できないことをお許しください。 作詞家スティーヴン・セイター氏が紡ぐ若者たちの魂の叫び。 性とセックス、妊娠、自殺の問題を取り上げたセンセーショナルなミュージカル。 苦悩する10代の若者たちの心の叫び、行き場のない若者たちの心を救うために 大人ができること大人がすべきこと…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

2009年3月10日 春のめざめ 製作発表会 進行の内容

最初、タイトルを見た限りではあまり関心がなかった。 それまで四季のHPの予告や他の公演に行ったときにもらったパンフレットで目にしていたが、レトロな演目かなと思う程度で内容を見るまでには至らなかった。 そのうち新聞やTVCFで目にするようになってからすこしずつ興味がわいてきた。 実はブログ記者募集に応募したのは2回目。 「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2009年3月10日 春のめざめ製作発表会 プロローグ

当選の連絡があったのは3月6日夕方 なぜか落選のお知らせと当選のお知らせが来ていた。そのあとすぐに当選と落選のメールが届いている場合は落選のほうを破棄してくださいとのメールが着ていた。 とりあえず心の中で「ヤッタ!」と叫んでしまった。 場所:ホテルニューオータニ芙蓉の間(西) 時間:15:00~ 報道陣と合わせて2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more